精密治療(マイクロスコープ)

精密な歯科治療を行うために必須のマイクロスコープ

みなさんは歯科医院でこのような器具を見たことはありますか?

これは「マイクロスコープ」と呼ばれる歯科用の顕微鏡で、
お口の中を最大20倍程度まで拡大することができます。

数年前まではマイクロスコープを導入している歯科医院はごく少数だったのですが、最近になって導入医院がかなり増えてきています。

マイクロスコープを使う理由

これまでの歯科治療は一般的に "裸眼" で行われてきました。しかし、裸眼での治療ではどうしても歯を削りすぎてしまったり、病気の部分を見逃してしまったりということが出てきます。

マイクロスコープを使うと、これまで裸眼では見えなかった病変部分が見えたり、歯のより細かなディティールを確認することができます。また、歯を削る時にも拡大して見えることで、削る量を最小限に抑えることができます。

歯科治療は何度も行えるわけではなく、治療のたびに歯が削られます。そのため、治療を行う際にはできる限り健康な歯を削らないように、また、精密な治療を行うことによって再治療のリスクを減らす必要があります。

このように精密で質の高い治療を行うためにマイクロスコープは必須なのです。

拡大すると見えなかったものが見えてきます。
例えばこの1万円札には・・・

「NIPPONGINKO」という文字が書かれています。
肉眼では気がつかないものでも、拡大することではっきりと認識できます。

マイクロスコープは次のような処置で使用します

歯の根の治療(根管治療)

肉眼では見えない根管内を明るく拡大することで、感染物質や異物の除去を容易にします。

歯を削るとき

術野を拡大することで、歯を削る量を必要最小限に留め、
また、虫歯などの取り残しがないかどうかを拡大視野でチェックします。

かぶせ物などの調整

かぶせ物の適合、余剰なセメントが残っていないかなどのチェック。

その他、、必要に応じて様々な場面で使用します。

当院ではマイクロスコープを用いて、
精密さと審美にこだわった歯科治療を行っております。
マイクロスコープを用いた歯科治療は
通常の歯科治療と比べてより多くの時間がかかります。
受診の際には事前にご予約をお願いいたします。