歯周病治療

歯周病は「歯周炎」と「歯周病」に大別されます

歯周病とは口腔内の歯周病原性細菌によってひきおこされる感染症で、歯肉でのみ炎症がおこる歯肉炎や、歯槽骨や歯根膜(歯の根を取り巻く薄い膜)まで炎症が波及し破壊される歯周炎に分けられます。ほとんどの場合痛みなどの自覚症状はなく、重度になると歯が揺れ始め最後は抜歯しか方法がなくなります。

歯肉炎 歯と歯の間の歯肉が腫れ、歯の周りに歯周ポケット(仮性ポケット)ができ、
歯垢(プラーク)がたまりやすくなる。
歯周病 歯の周りの組織(歯周組織)に炎症がすすみ、真性ポケットが形成されます。
軽度では時々歯肉が腫れて歯ブラシ時に出血したり物が詰まりやすいくらいですが、重度になってくると歯が揺れ始め硬いものが咬みにくくなったり、ポケットから膿がでてきます。
そのため歯の根がむき出しになり、放置するとやがて抜け落ちることになります。

 

歯周病を進行させる様々な要因

また歯周病を進行させる要因として次のことも関係します。

歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
不適合な被せ物や義歯
不規則な食習慣
喫煙
ストレス
全身疾患(糖尿病、骨粗しょう症、ホルモン異常など)
薬の長期服用
口呼吸(鼻疾患など)

歯周病に罹らないために大切なこと

歯周病はある程度の治療は可能ですが、いちど破壊された歯周組織は基本的にはもどりません。大切なのは予防、診断、治療、そして定期的なメンテナンスです。

予防にかかる費用 (税抜き)

歯のクリーニング(PMTC) 10,000円
ヤニ取り(エアフロー) 10,000円

 

歯石を除去する様子