03-3444-7770 ご予約・ご相談などお気軽にお電話下さい
(受付:10:00〜20:00、休診日:水・日・祝日)
LINE予約 お問い合わせ
WEBフォーム

お知らせ

砂糖の日

br04_main

 

本日3月10日は「砂糖の日」だそうです(*^_^*)

「糖」と虫歯は切っても切れない関係にあります。

そもそも虫歯のできるしくみは、

①人間の歯には誰でも常在菌がいます。

②その常在菌に、虫歯の原因のひとつであるミュータンスレンサ球菌や様々な細菌がくっついてきます。

③様々な細菌の集まりがプラーク(歯垢)となります。

④プラーク中の虫歯菌は、お砂糖等の「糖」を食べ、酸を出します。

⑤酸には歯表面を溶かす作用があります。これを「脱灰」といいます。

しかし通常は唾液が酸を中和してくれ、溶けだしたカルシウムやリンを歯表面に戻してくれます。このはたらきを「再石灰化」といいます。

⑥この脱灰と再石灰化のバランスが崩れると、虫歯になってしまいます。

 

ではなぜバランスが崩れるのか?それは、食生活が大きく関係しています。

3食きっちり決めた時間に食事を摂らず、だらだらと間食を繰り返したり、

常にスポーツドリンクや砂糖入りのコーヒーを飲んでいたりすると、

再石灰化が脱灰に追いつかなくなり、虫歯となるのです。

 

大切なのは、お砂糖を摂らないことではなく、タイミングです。

甘いものを食べるときは食事のすぐ後に食べたり、間食の時間を決めてそれ以外の時間は食べない、とするだけでも予防になります。

虫歯の原因になりにくい人口甘味料を利用するのも手ですね☆

正しい食生活で、虫歯を予防していきましょう!

澤田

 

五反田 歯医者/歯科 - M Dental Office/エムデンタル

日付:2015.3.10