03-3444-7770 ご予約・ご相談などお気軽にお電話下さい
(受付:10:00〜20:00、休診日:水・日・祝日)
LINE予約 お問い合わせ
WEBフォーム

お知らせ

ダイレクトボンディング8

患者さんは21歳女性です。前歯のすきっ歯の改善を主訴に来院されました。

初診時の状態です。両側中切歯間に1mm程の空隙が認められます。

矯正治療での改善よりダイレクトボンディングでの治療を希望されました。

クレンチング又はグラインディングによるブラキシズムが存在する可能性が高いですが、経過を診ていく事を説明しました。

 

 

ラバーダム防湿を行い歯面清掃を行います。

可能な限り歯肉縁下まで研磨を行います。

 

エッチング処理を終え、マトリックスを試適しボンディングを行います。

過不足ないように、気泡の混入がないように確認しながら慎重にフローレジンを流し込みます。

 

 

頬側面の隅角を作っていきます。

 

左側の充塡が終了しました。

 

右側も同様に充填していきます。

 

左右充填を終えましたがマトリックス分の隙間が出来てしまっているので、ペーストレジンにて埋めていきます。

 

空隙が無くなりました。研磨を行います。

 

ラバーダムを除去し研磨を終えたところです。

少し近心切縁の隅角が角張っているように見えるのですが患者さん本人は問題ないとのこと。

 

別角度で確認を行います。

ラバーダムの影響か歯肉が少し発赤しています。

 

 

次の来院時に使い心地や汚れの付き具合、シェードチェックなど患者さんに確認します。

歯肉の発赤が少し弱まっています。

 

虫歯があるわけではないので術後痛は出にくいと思われます。

材料は必ず経年劣化していきますが咬合調整や研磨をしながら経過を診ていきます。

 

ダイレクトボンディングは自由診療(80.000+tax)となります。

 

 

 

 

 

五反田 歯医者/歯科 - M Dental Office/エムデンタル

日付:2022.5.31