03-3444-7770 ご予約・ご相談などお気軽にお電話下さい
(受付:10:00〜20:00、休診日:水・日・祝日)
LINE予約 お問い合わせ
WEBフォーム

お知らせ

ダイレクトボンディング7

正中離開の改善を主訴に来院した男性です。

方法として歯列矯正による空隙の閉鎖もしくはダイレクトボンディングの選択があり、どちらも一長一短ありますが今回はダイレクトボンディングを行う事としました。

初診時の状態です。上顎中切歯間に1mmほどの空隙を認めます。

正中離開ケースは基本虫歯がない状態で充塡を行う為、接着力を最大限に引き出さなければ脱離などのトラブルが起きてしまいます。

初診時はカウンセリングとプラークコントロールのみ行い、改めて治療時間を確保する事にしました。

 

充塡作業はラバーダム防湿下で行います。防湿は歯肉の圧排を目的としています。

なるべく歯茎部からレジンを立ち上げて歯間鼓形空隙を無くす事でより自然な仕上がりを目指します。

 

歯面清掃後にエッチングを行いますが気持ち広めに行います。

 

充塡不足や気泡がないことを確認しながらレジンを固めていきます。

 

 

充塡直後の状態です。ここから形態修正と研磨を行います。

 

左右の対称性が得られ空隙も閉鎖出来ました。歯肉がラバーダムにより多少発赤していますが自然治癒する事を患者さんに説明します。

 

 

確認する角度を必ず反対側からもする事が重要と考えます。一度口腔内写真で確認するとより形態の違いを確認する事が出来ます。

 

 

材料の部分は手入れの仕方やステインの着きやすさによりますが噛み合わせや研磨などをしながら経過を診ていきます。

今回は虫歯では無いため冷水痛や術後痛が出にくいことが多いです。

 

ダイレクトボンディングは自由診療(¥60.000+tax)となります。

五反田 歯医者/歯科 - M Dental Office/エムデンタル

日付:2021.12.09