03-3444-7770 ご予約・ご相談などお気軽にお電話下さい
(受付:10:00〜20:00、休診日:水・日・祝日)
LINE予約 お問い合わせ
WEBフォーム

お知らせ

歯の破折2

ジャンル: 根管治療

歯の破折2

ブログ『歯の破折』の続きです。

痛みの緩和が得られ、日常生活で痛みを感じることは無くなってくれたようです。

ただまだ根管内は汚染されているので根管治療を施すこととしました。

前回の治療でレジンによる隔壁まで終えています。

当院では仮封はベースセメントを使用しています。

 

1C57434A-619B-43F3-A715-F28C0A16E6C3

ヨードで歯はもちろん器具全体も消毒した事で一部茶色に変色しています。

仮封を外した直後の状態です。

 

F5B17DFD-B602-4BE6-9534-FFC0CFCB5504 B6F46136-E662-48C7-8400-49960E4F20FD

緑の丸のところに根管口があるように見えます。

実際にマイクロオープナーを入れて確認します。

 

EF0B4205-53F6-4E69-92FC-ACCB848E0927

根管口を広げて根管長を測定します。

 

98A7C1B8-AA2F-4987-A6D0-729522CDF5D9

ニッケルチタンファイルという回転器具で一気に根管内を機械的に掃除していきます。

 

 

4C1A9359-4438-47F1-85A5-D6A2BEB98F0C

次亜塩素酸ナトリウムとEDTAを根管内に満たして超音波洗浄します。

 

5C282F5C-5871-4D29-A101-C5FA4D6B3E6E

根管内の清掃が終わった状態です。

 

5CB89F52-5494-4519-B0AC-0C9B622A37B5

根管口がさらに広がりました。

特に悪い所見が無ければ次回に根管充塡出来る状況です。

 

 

CF182857-0DDB-4858-ACD8-10B8BF7FBA51

口蓋根に存在していた破折線を確認します。

 

64D21265-75E9-448F-8F89-CF7B01B9BA86

533D9F49-21E7-4D12-89E0-3E3D640A6BE9

拡大視野にすると幸運にも線が途中で止まってくれています。なんとか歯の温存が出来そうです。

ただ一度破折を起こしたところは自然治癒が望めません。材料に置き換えて少しでも破折の再発を防止するしか手はありません。

また今回は最後方臼歯でさらに日常から咬合力がかかる場所なので注意深く経過を見ていく必要があります。

 

 

 

 

日付:  カテゴリ:根管治療

歯の破折

左上の痛みを主訴に来院された患者さんです。

痛み止めを服用しないと寝れない程の強い痛みを 感じているそうです。噛み合わせるだけで痛みが強くなるような状態だそうです。

 

4D4AA8C6-73A9-4272-AFFD-54FF4FA3BA71

術前の状態です。

数年前に治療したというメタルインレーが認められます。歯の色合いは他歯に比べると健康的な透明感が無くなり、全体的に黒く透けてるようにも見えます。

 

 

3B092BE4-543C-41E8-9A38-9B724A6453F5

レントゲンです。根先部にはわずかではありますが透過像を認めます。

 

 

7B7BAC51-4538-47AE-9450-89BE51E78C33

メタルインレーを除去した直後の状態です。古いセメントや感染歯質を取り除いていきます。

 

 

9EAD2D11-9805-4C5B-AD67-328D87870067

緑枠の部分に前回の治療の時に充塡したと思われるセメントがありました。

それを削って取り除いていくと、

 

 

109CC933-20D4-48D6-8230-D4E66AE420F4

残念ながら0.2〜0.3mm程の露髄を認めました 。前回の治療の時にすでに存在していたものと考えられます。

 

 

A2EA6BD1-85A7-4C2C-AB07-1D0750328162

緑枠の部分が露髄しているところです。

直接覆髄法が行われたと予測します。今回は残念ながらいい経過を辿れなかったようです。

 

0E04116E-6869-47D5-AC38-8602C777DA39

拡大したところです。

根管治療を行う為に露髄部分から根管口を明示していきます。

 

9C569C03-9741-4D04-A119-D0D255F56272

あらかた明示が終了したところです。歯髄が萎縮しており出血もありません。歯髄失活の状態です。

 

 

969C8B4E-261A-4842-A3B0-A155D0880503

別角度から確認すると口蓋根舌側の歯質に破折線が認められました。

 

7DB5B1D5-793D-4B16-953C-D0CA07120A4B

拡大したところです。直線的な線が確認できます。

 

 

349D743B-92A3-4BAE-981A-123A8F96D288

緑の線の部分です。この破折がどこまで進行しているかは根管治療を行いながら確認したいと思います。

万が一根先まで続く破折が起きていた場合、残念ながら抜歯の適応になってしまいます。

 

 

0A43C9D1-E300-4F1A-AA6A-741A15C265E1

一度破折線が入ると後は線が拡大していくのを待つだけとなってしまいます。破折が広がれば矢印の方向からバクテリアの侵入から再感染を起こしてしまいます。

いくら根管治療をうまく終わらせても感染を防ぎにくい状態になってしまいます。

ひとまずこの日はこれ以上破折が進行しないように隔壁を施し、投薬を行いました。

 

日付:  カテゴリ:根管治療